白髪染めの泡タイプの口コミと染まらない髪がよく染まるコツ

LINEで送る
Pocket

泡状の白髪染めは髪に広範囲に伸ばしやすく、比較的短時間で白髪染めができます。

泡状ならではの使いやすさ・使いにくさがあり、うまく使うことで泡の特性を活かせます。


泡状の白髪染めの特徴


整髪料のムースのようなふわふわの泡になっている白髪染めです。

手のひらに取りだして髪全体に伸ばし、くしゅくしゅと髪に揉み込んで行くと白髪染めの泡が行きわたり、しばらく揉み込んでいるうちに、だんだんと泡が消え、液状になっていきます。



泡状の白髪染めのメリットとデメリット


■メリット

白髪染めが泡になって体積が増えていて、広い範囲に簡単に広げることができ、クリームやトリートメントの白髪染めと比べると、髪全体に伸ばす時間が短くて済みます

また、もともと泡状で、時間とともに液体になりますが、泡の状態の時はもちろん、液状になっても髪に絡みやすいテクスチャーで液だれしにくくなっています


■デメリット

泡に弾力性があり、白髪が目立ちやすい髪の根元やもみあげの部分などに白髪染めを狙いすまして伸ばしたり留めたりするのが難しいです。

髪に泡がつくと白髪が見えにくくなったりしてしまいます。

泡状の白髪染めは、広い範囲の白髪を染めるのに向いている使い心地です。


フォームタイプの白髪染めは色の持ちがイマイチです。

使いやすい形状なので、日々、マメに使うことで白髪がほとんどわからない状態をキープできるかと思います。


泡の白髪染めで髪を染めるコツ


初めて白髪を染める時や、髪が丈夫だったり太い方は、白髪が染まりにくいです。

泡状の白髪染めで髪をよく染めるコツは、


■乾いている髪に使う

髪が濡れて束になっていると、髪に揉み込んでいく泡状の白髪染めの特性が活かせず、乾いている髪の方がよく馴染みます。

また、髪に揉み込んで行くうちに泡やがて液状に変化するので、髪が濡れていると全体の水気が多すぎる状態になります。


■放置時間中に温める

白髪染めは温めると染まりや色持ちがよくなります。

泡の白髪染めを髪に伸ばした後、ラップやシャワーキャップで髪を包み、その上からドライヤーで温風を当てたり、ホットタオルでくるんだりします。


染める時間を半減でき、よく染まって色持ちもよくなる、こんな便利なものもあったりします。


マイルドヒートキャップ

マイルドヒートキャップのレビュー・口コミ(楽天)
マイルドヒートキャップのレビュー・口コミ(Amazon)


■放置時間を伸ばす(20分ぐらい)

髪に泡の白髪染めを伸ばした後の放置時間を指定の時間よりも少し長く時間をとります。

ただ、泡状の白髪染めは長時間おいてもあまり染まり具合に変わりはなく、最大で20分ぐらいを目処に。


■使い始めは続けて数回使う

一度染めてみて染まりが悪い場合は、続けて数回使ってみます。



泡の白髪染めのランキング


髪を染める染料に、微粒子でキューティクルの隙間から内部まで浸透する「HC染料」と、イオン化した染料が髪と結合して外側に色をつける「塩基性染料」というものが使われている白髪染めです。

どちらもかぶれやアレルギーなどの心配がなく、髪や地肌に優しい白髪染めになっているんですが、その反面、髪の内部までしっかり染めるものではないので、せっかく染めた色も、やがて落ちてしまいます。

髪に伸ばしやすく、毎日のように使えるので、こまめに使って白髪をほとんど見かけることがないような状況をキープしたい方にオススメです。


【1位】ルプルプLpLpヘアカラーフォーム
ルプルプ「ヘアカラーフォーム」 香りアロマ(ラベンダー・ローズマリー・オレンジ)
内容量80g
ダークブラウン・ブラック
トリートメントタイプの白髪染めでおなじみのルプルプの泡タイプの白髪染め。
昆布の粘り成分入りの弾力性の強い濃密な泡で、髪に伸ばすと液状になりますが、液垂れしません。
トリートメントタイプで培われている肌や地肌への優しさを踏襲し、かぶれる心配や鼻にツンとくる臭いがない、使い勝手のいい白髪染めです。
⇒ ルプルプLpLpヘアカラーフォーム


【2位】ナノエッグキラリ とろ〜りムース
ナノエッグキラリとろ〜りムース 香り天然アロマ
内容量150g
ライトブラウン・ダークブラウン・ブラック
聖マリアンナ医科大学が開発した毛髪浸透成分で染料と栄養成分を髪の中に入れてしまう泡状の白髪染め。
19種類の美容成分を含むとろみのある泡で、手に取りだすと泡が消え、軽いクリームのような形状になるほどトロっとしてよく髪に絡み、白髪を染めます。
⇒ ナノエッグキラリ とろ〜りムース



国産黒大豆の泡染めトリートメント
香り柑橘系
ダークブラウン、ブラック
内容量200mg
泡で出てくるポンプの容器に入っているふわふわの軽い色付きの泡状の白髪染めです。国産黒大豆・ヒジキエキス、黒米エキス(コメエキス)と、黒髪によさそうな成分が配合されています。ジアミン、パラベン、鉱物油、シリコーン無添加の弱酸性で肌や髪に優しい仕様です。
説明書きではたっぷりの泡を髪に乗せて10分となっていますが、もう少し放置時間を長くとった方がよい感じです。
⇒ 国産黒大豆の泡染めトリートメント


染まらない髪も染まる泡の白髪染め


髪の内部のタンパク質に色をつけてしっかり染める染料が、ジアミンと呼ばれる「酸化染料」です。

ジアミンが使われていると、白髪にしっかり色がつき、色持ちも良いのですが、「酸化染料」を髪の内部に入れたり、入れた後に髪を引き締めたりするのに「過酸化水素水」や「アンモニア」といった薬品が必要で、これが髪を傷めたり、鼻にツンとくる臭いだったり、肌がピリピリする原因となっています。

市販品の1,000円前後で販売されている泡の白髪染めは、ジアミンが使われていてよく染まりますが、刺激の強い薬品も使われていて、使うと髪が傷みやすかったりします。


この、肌や地肌に優しいけれど染める力が弱い白髪染めと、刺激が強いながら染める力が強い白髪染めの中間に位置する泡タイプの白髪染めがあります。


ラサーナ ヘアカラー ムースタイプ
ラサーナヘアカラーフォームタイプ 香りフローラル
内容量80g
ライトブラウン・ダークブラウン
ダメージヘアのケアに定評のあるヘアケア製品を販売しているラサーナの泡タイプの白髪染めです。
ジアミンを使いながら、髪や肌を傷めたり、ピリピリとした刺激がある過酸化水素水が使われておらず、よく染まりながら刺激が少なくなっています。
白髪が染まりにくい方、色ムラがあって全体をしっかり染めたい方におすすめ。
⇒ ラサーナヘアカラームースタイプ



染子
あなたのその髪では白髪が染まらないかも!?
白髪がわからないツヤツヤの髪にできる
白髪染めの選び方と使い方のコツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加