ノンジュアン

LINEで送る
Pocket

ノンジュアンは、「アルカリ剤」「過酸化水素水」不使用で、白髪染め特有の鼻につーんとくる臭いや、肌にぴりぴりとする刺激がなく、通常の1/10量のジアミンと自然染料の組み合わせで白髪を染め、ヘナと白髪染めの中間のような立ち位置のマイルドな白髪染めです。

ノンジュアン

医薬部外品

⇒ ノンジュアンの通販サイトへ
ノンジュアンへのレビュー・口コミ

使い方粉末を水でとき乾いた髪に伸ばす
放置時間20分
香りなし
ダークブラウン



ノンジュアンの詳細


髪と頭皮にダメージを与える「アルカリ剤」「過酸化水素水」を一切使用していないため、使用中のツンとする嫌なニオイがなく、また、髪へのダメージが軽減されています。

薬品成分ジアミンは必要最小限(法定基準値の約10分の1)にとどめられています。

五倍子(フシ・ゴバイシ)というウルシ科の落葉木から抽出される自然染料「タンニン酸」で髪を保護しながら染めます。

保湿剤としてローズマリー末、ニンジン末、カンゾウ抽出末を、毛髪保護剤として加水分解ケラチン、加水分解シルクが配合され、髪や頭皮にハリやコシをあたえるようになっています。

使う分だけを水に溶き、残った分は、しっかり封をしておけばまた使えるので、量の調整が自由にできます。

ノンジュアンの使い方


1.粉末を水に溶く

2.乾いていて整髪剤や油分のない素のままの髪に塗って20分おく

3.液を洗い流し、シャンプーをする

サイト管理人の口コミ


粉末は水に溶けやすく扱いやすいです。

最初はちょっとダマができますが、ダマがなくなるまでよく溶くと、液にとろみがついてきます。

私は染めていてもとくに刺激を感じませんが、とろみがつくくらいに溶いた方が、肌にピリピリしにくく、染まりもよくなるそうです。

ちょっとゆるめに溶いた方が髪に塗りやすく、白髪染め用の刷毛で髪に伸ばすと使いやすいです。




時間がたつと、液がどんどん固くなってきてしまいますが、少し水を足して混ぜればまた軟らかくなります。

髪に塗ると、液はだんだん固まり、髪に指やクシなどが通らなくなりますが、固まってしまっても、染め終わった後には簡単に洗い流せます。

液が軟らかいうちにしっかりいきわたらせるのがコツです。

とくに臭いはなく、染めている間に微妙な臭いがする程度です。

色はダークブラウンとなっていますが、かなり色の入りがよくて黒っぽいほどになり、何度も重ねて染めていると色が入りすぎるので、全体を染めた後は、髪の根元部分をリタッチするペースで十分な感じです。

使う分だけ水に溶いて使えるので、リタッチ使用でも無駄が出ず、扱いやすい白髪染めです。

ノンジュアンの成分

【有効成分】
硫酸パラフェニレンジアミン、硫酸パラアミノフェノール、硫酸オルトアミノフェノール、硫酸パラメチルアミノフェノール 染毛剤です。染料中間体、染料中間体同士またはカップラーと酸化重合して発色します。
過ホウ酸Na(1水和物) 分解して酸化剤として作用しますが、過酸化水素よりマイルドな酸化力。
【その他の成分】
オレオイルメチルタウリンNa オレイン酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。洗浄剤として使用しています。
カルボキシメチルセルロースNa 滑らかな感じや粘り気を与え、分離を防止し安定性を向上させます。増粘剤として使用しています。
硫酸Na 温泉成分として広く知られている成分。賦形剤としておもに親水性増粘剤として使用しています。
炭酸Na 温泉成分として広く知られている成分。pH調整剤として使用しています。
デキストリン デンプンを部分加水分解して得られるものです。本品では湿潤剤として用いていますが、吸着剤、結合剤、増量剤、親水性増粘剤としても使用されています。
タンニン酸 ゴバイシ(五倍子)というウルシ科の落葉樹から抽出されたエキス由来の有機酸。毛髪保護を目的として配合しています。
ローズマリー末 シソ科植物マンネンロウの葉を乾燥させ粉末にしたもので、保湿剤として配合しています。
香料(オリエンタルハーブ) 製品に香りを付けるために添加される成分で、単一香料及び調合香料を含みます。香料という用語は化粧品や医薬部外品の成分表示名称として、香料中の個々の成分名を記載する代わりに用いられます。
カンゾウ抽出末 マメ科の植物、甘草の根から抽出された植物エキスで保湿剤として配合されています。その他一般的に酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤として用いられています。
加水分解ケラチン ケラチンを酸、酵素または他の方法により加水分解して得られるものです。毛髪保護剤として配合されています。その他一般的に皮膚やヘア、爪のコンディショニング剤としても使用されています。
加水分解シルク 絹たん白を酸、酵素または他の方法により加水分解して得られるものです。毛髪保護剤として配合されています。その他一般的に皮膚やヘアのコンディショニング剤として使用しています。
ニンジン末 オタネニンジンの根を乾燥させて粉末にしたもの。髪にうるおいを与え、健やかに整える成分です。

⇒ ノンジュアンの通販サイトへ



染子
あなたのその髪では白髪が染まらないかも!?
白髪がわからないツヤツヤの髪にできる
白髪染めの選び方と使い方のコツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加