白髪染め

LINEで送る
Pocket

美容院で施術してもらうような白髪染めは、髪の表面を覆っているキューティクルといううろこ状の組織を広げて、髪の内部を脱色し、新たに染料を入れて髪を染めています。

髪へのダメージが大きいですが、黒髪も白髪も同じ色に染まり、髪色を明るくでき、染めた色が長持ちします。

ダメージが少なくなるように作られている白髪染めも登場しています。

白髪染めで染まる仕組み


一度で髪が染まる白髪染めは、アルカリ性が髪の毛を膨潤させ、酸性が髪の毛を引き締めるという働きを利用しています。

まずは、白髪染めの中のアルカリ剤が髪の毛を膨潤させ、低分子の酸化染料と過酸化水素が髪の内部に入ります。

髪の中に入った過酸化水素がメラニン色素を分解し、同時に酸化染料を重合させて高分子化させ発色させます。

この酸化染料は、高分子になることで髪の毛の外に出ることができなくなります。

最後に、髪の毛の周囲が過酸化水素により酸化されて、髪の毛が引き締まり、染料が外に出ないようになります。

こうして染料を髪の内部に入れて、メラニン色素を破壊して染めることで、白髪も黒髪もほぼ同じ色に染まり、地毛の色よりも髪色を明るくでき、また染まった色が落ちにくくなります

白髪染めは、定義的に「永久染毛」と呼ばれていますが、染まった色は永久ではなく、かなり長持ちしますが、徐々に落ちます(^_^;;

白髪染めの影響


髪を長期間安定して染められる染料は、ジアミン系の酸化染料(パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなど、○○ジアミンと表示されているもの)しか開発されていません。

多価フェノール類と金属イオンを使う「オハグロ式白髪染め」というものがありますが、これは着色が黒限定です。

白髪染めには、ジアミン系の酸化染料が使われていますが、ジアミンは、体質により皮膚アレルギー反応(カブレ)が起きることがあります

また、アルカリ剤として使われているアンモニアの臭いが鼻にツンときたり、刺激の強い過酸化水素水で肌がぴりぴりしたりかゆみがでたりすることがあります。

全体染めと部分染めの両方可能


全体染めと部分染め、どちらにも使えます

髪や肌への負担を軽くしつつ、白髪の目立たない髪を保つには、まずは全体染めをし、その後は、生え際や髪の分け目に見えてきてしまう白髪を部分染めします。

そして、髪全体の色が落ちてきてしまったら、また全体染めをするようにすると、効果的に白髪染めができます。

美容院や市販の白髪染めとの違い


私から見た美容院や市販の白髪染めと低刺激の白髪染めの違いは、
  • 臭いや刺激がなく、白髪染めが辛くない
  • 美容院のヘアダイよりは安いが市販の白髪染めよりは高い
  • 通販でしか買えないので、便利なような手間のような
という感じです。

低刺激の白髪染め一覧


マルベールロイヤルカラー

医薬部外品
桑が染毛剤になることを発明して特許を取得し、毛髪成分に似た成分でもある桑エキスが配合されている珍しい白髪染めです。
ジアミン・アンモニア・過酸化水素水が使われていますが、臭いや刺激をそれほど感じません。
液状の2剤を混ぜ合わせた液体がシャンプーになり、濡らした髪にくしゅくしゅ揉み込んでシャンプーしながら白髪染めをします。
⇒ マルベールロイヤルカラーの詳細へ
使い方濡れた髪につけてシャンプーのように泡立てて使う
放置時間5~15分
香りなし
4色(ダークブラウン、ブラウン、ライトブラウン、レッドブラウン)

ノンジュアン

医薬部外品
アルカリ剤や過酸化水素水は不使用で、通常の1/10量のジアミンと自然染料の組み合わせで白髪を染めます。
ヘナと白髪染めの中間のような立ち位置で、使い方はヘナに似ていて、粉末を水で溶いて髪に伸ばして白髪染めします。
⇒ ノンジュアンの詳細へ
使い方粉末を水でとき乾いた髪に伸ばす
放置時間20分
香りなし
ダークブラウン

和漢彩染

医薬部外品
黒〜こげ茶に染まる6色と、カラフルな7色を混ぜ合わせて、髪色を明るくすることはできませんが、ニュアンスのある色味に調整できます。
通常の1/10量のジアミンと植物性原料の組み合わせで、ヘナと白髪染めの中間のような立ち位置。
使い方はヘナに似ていて、粉末を水で溶いて髪に伸ばして白髪染めします。
⇒ 和漢彩染の詳細へ
使い方粉末をぬるま湯でとき髪に伸ばす
放置時間30分
香り配合されているハーブの自然の香り
13色(BB4、BB5、BB5M、BB6、BB7、BB8、ブルースター、グリーンシャワー、オレンジマーマレード、パープルジェム、レッドカラント、イエローサルタン、ホワイトキャンドル)


ラサーナ ヘアカラー ムースタイプ
ラサーナヘアカラーフォームタイプ 香りフローラル
内容量80g
ライトブラウン・ダークブラウン
ダメージヘアのケアに定評のあるヘアケア製品を販売しているラサーナの泡タイプの白髪染めです。
ジアミンを使いながら、髪や肌を傷めたり、ピリピリとした刺激がある過酸化水素水が使われておらず、よく染まりながら刺激が少なくなっています。
⇒ ラサーナヘアカラームースタイプ


白髪のQ&A



染子
あなたのその髪では白髪が染まらないかも!?
白髪がわからないツヤツヤの髪にできる
白髪染めの選び方と使い方のコツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加